オットセイ

オットセイはの中で繰り広げられる集団生活

ご存じの通りオットセイといえば多くの方は水族館でアシカやトドなどと一緒に過ごしているのを見たことがあるかとは思いますが、詳しいことについてはあまり知らないという方がほとんどではないでしょうか。

実際、水族館にいるアシカやトド、セイウチなどの良く似た動物との違いも良く分からないという方は多いかと思われます。

オットセイは、北極に近い北太平洋や、アフリカやオーストラリアの沿岸部に生息しており、日本では水族館以外で見かけることは基本的にはない動物です。

日本海の一部のエリアなどに生息しているケースも見られますが、その数は非常に少なく、ほとんどの方が野生のオットセイに遭遇することは考えにくいです。

したがって、多くの日本人はあまり飼育されていないものと身近に関わる機会がないため、その生態や習慣などについてもあまり見聞きする機会がない動物の一つとなっています。

基本的にはオットセイの生態として特にユニークなものとして挙げられるのが、一匹のオスを相手に複数のメスが周りに群がるハーレム状態を作ることではないでしょうか。

もっとも、他の生物同様にオスとメスの数はほぼ同数であることから残りの多くのオスはメスと暮らすことができないまま一生を終えることも多くあります。

秘密はハーレムを作っているオスのオットセイに対して若いオスは戦いを挑んで見事勝利することでハーレムのポジションを奪い取ろうとし、なかには何度か勝負に挑んでやっとハーレムの地位を獲得するようなケースも見られます。

もっとも、多くの場合はハーレムの地位を奪う戦いに挑むことがないまま一生を終え、そのようなオスたちはオスで集団生活を送っていることもオットセイの特徴といえるでしょう。

獰猛で恐ろしい?オットセイの凶暴な実態

その他に、海の生き物は基本的に海水でないと生きることができませんが、オットセイの場合は淡水のなかでも生きることができるため、水族館や動物園で飼育されている場合には淡水の中にいることもあります。

オットセイのその他の生態としては、前脚をまるで鳥のように羽ばたかせながら泳ぐことができ、これは比較的似た仲間であるアシカも同じです。

また、アシカと比べると体が若干小さ目になっていますが、習慣で食べる量が多く、比較的丸みを帯びた個体が多いのが特徴です。

基本的には主な食べるものとして挙げられるのが魚やタコ、エビといった魚介類ですが、なかにはペンギンなどの鳥を捕食するようなケースも見られ、基本的には肉食の動物といえるでしょう。

また、人間とのかかわりにおいても生息しているエリアを中心に一般的には密接なかかわりを持っています。

まず秘密としても挙げられることとして、オットセイの毛皮は寒い地域でも強く生きていけることからもわかるように、非常に防寒性に優れています。

したがって、毛皮を衣類などに用いられるケースも多く、現在でも独特の風合いがあることからファッションアイテムとして用いられているケースもみられます。

人間の精力にエキスを与えるオットセイの肉

また、ハーレムを作っていることからも分かるように、オスのオットセイは非常に精力的な面があることから、秘密の体の一部は古くから精力剤として用いられてきました。

実際、漢方薬にも成分として含まれていることも多くあり、世界中でエキスを精力剤として用いられていることがわかります。

また、その肉は比較的臭みが強いことから、半分凍った状態で食べることが多く、寒いエリアでは非常食として肉を干して食べる習慣もあります。

また、これは最近の研究ではオットセイの脳について注目が集まっています。

普通の動物であれば、左脳と右脳を同時に無意識に動かしており、睡眠をしているときには両方の動きが停止してしまいますが、通常は寝ている間であっても右脳を覚醒した状態のままで左脳を眠らせることができます。

このように人間もできれば、睡眠をとっている間にも記憶をすることができるのではといわれており、さらなる研究が行われています。

また、生態として多くの動物は水中で寝るか、陸上で寝るかのどちらかに限定されることがほとんどではありますが、オットセイの場合には水中であっても、陸上であっても器用に睡眠をとることができる点も珍しい生態といえるでしょう。

このように、秘密は生態面からオットセイをみてみると他の動物とは異なる様々な特徴を見つけることができます。

可愛いいイメージに騙されない!オットセイのキャラクター

一方で、なかなか研究がされることのなかった生物ですのでこれからも研究が進む中でびっくりするような生態が見つかる可能性の残っている動物であり、人間と同じ哺乳類であることから、人間にも活用できるような能力を見つけることができるかもしれないです。

このようなオットセイですが、毛皮や漢方薬の原料として乱獲されてきた歴史もあります。

哺乳類であることから、一匹のメスが産む子どもの数も魚や鳥のようには多くないことから、しばしばその個体数が急激に減ってきたこともあり、条約などにより乱獲をすることを禁じられている動物でもあります。

また、水族館においても生後すぐの赤ちゃんを海に放流するような取り組みも最近では行われており、少しずつ成果を挙げてきています。

なお、基本的にはおだやかな性格であり、他の陸上だけで暮らす生き物と異なる体型をしていることから子どもからの人気の高い動物でもあります。

実際、習慣はこのような感じですが、フォルムをキャラクターとしたぬいぐるみやアニメは多く作成されており、特に生息するエリアではその傾向にあるといえます。

なお、オットセイという呼び方は、もともとは中国語でそれを成分とした漢方薬のことを指しており、日本では漢方や精力剤に用途が限られていたことからこの呼び方が動物名としても用いられることとなりました。

日本ではアイヌ民族が関わりが深く、彼らはオンネプと呼んでいました。

また、欧米においてはアザラシの仲間と認識されていることが多く、日本語に直すと毛皮アザラシと呼ばれています。

これは、欧米においては精力剤としての用途よりもその毛皮が上質であったことから、毛皮を得るために狩りがなされてきた歴史を反映しているといえるでしょう。

このように、オットセイは独特で興味深い生態や、人間との付き合いを持ってきた動物ですので、今度見るときにはそのようなことも理解したうえで観察してみてはいかがでしょうか。